So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

妻がインフルエンザに [ためいき]

妻を金曜日に体調が悪いと言うことで内科に行かせたらインフルエンザかもしれないので熱が出てから来てくれと言われた。翌日38度くらい出ていたので再びいかせたらインフルエンザA型陽性と出た。病院にもたくさん患者がいたようで別室に誘導されたらしい、それから薬局へ直行してイナビル投与した。さすがはイナビル昨日には良くなってベッドから出てきた。私の家事当番も2日で解放された、それにしても私も以前に使ったがイナビルは凄い。無論まだ保菌者なので仕事は休んでいる、症状のない私はマスクをしたまま会社に行く。移す可能性もないわけではないがとにかくこれから4週間は休めない日が続く。予防接種効果に期待、あてにはならないが。
nice!(0)  コメント(0) 

社内旅行が復活 [たび]

社内旅行が復活して10年になる、むかし私のいた会社はずっと社内旅行があって合併した相手の会社は廃止されていて合併後もしばらくなかった。私は合併前の会社では幹事を長いことやっていた。行った先は①天城越えと河津温泉、②千畳敷カールと高遠、③松本と安曇野、④松川浦と相馬、⑤大内宿と湯野上温泉、⑥ソウル⑦グアム⑧御宿と上総一の宮⑨大観荘とアンコウ、まあいろいろとやっています。当然ですがパックツアーは使っていません。自主企画ですので失敗もありました、特に公共交通機関が頼りなので時間配分を間違えるととんでもないことになります。近頃は若手社員が企画するのでパックツアーがほとんどです、それも悪くはないけれど本当の意味での幹事さんの大変さを知るチャンスなのにね。めんどくさいことは嫌いだから仕方がない。
nice!(0)  コメント(0) 

駅弁大会 [雑談]

昨日朝病院に行く用事があって早めに終わったから午前半休を取っていたか京王デパートの駅弁大会によってから会社に行った。平日でも相変わらずの大盛況、特に峠の釜めしは大行列。私は「うにの貝焼き味比べ弁当」を買ってきた、話題になっていたので列が凄いかなと思ったら20人くらいだったので並んだいわき(
小名浜美食ホテル)は昔からうにの駅弁があったのだがなくなって水戸の弁当屋が持ってきていたりした時代もあった、震災で軒並み壊滅した中でこういうう形でも復活したのはよかったと思う。原の町の鮭飯なんかも陶器の器が懐かしいなあ。駅弁大会で本当はひろべんさんのしゃもじ牡蠣飯があればなと思ったけれどアナゴだけだったのは残念、でも姫路のまねきさんが来ていたのはうれしかった。
nice!(0)  コメント(0) 

こまったもんだ、手術か [ためいき]

大腸ポリープは3段階でセーフだったのに、老人病の前立腺肥大がとんでもないことになっている。PSSは14くらいで推移しているが癌ではない。久しぶりに前立腺スコアが20を軽く突破したので診断してもらったがなんとエコーに入りきれないほど肥大しており、要領が100ccを越えている、これではすっきりしないわけだ。それで先生から次回から手術時の輸血用の採血をはじめますと言われた。あれ?内視鏡ではなかったのかな?それにここは高温療法もあるはずなのに?と尋ねると大きすぎますので難しいです、開腹手術しかありませんね、投薬の効果もありませんし・・・。まあ、なんども切り刻まれているから手術には恐怖はない(全身で200数十針縫っている)し入院も慣れてはいるが、あの手術時の排尿カテーテルと手術用のあの太い点滴の針が嫌なのだ。まだだいぶ先だがGW明けに出来るようにしておこう。さむざむしてきたな、でも大した病気ではないからね。
nice!(0)  コメント(0) 

大鬱期がきちゃったよ、繁忙期に [双極性障害]

本当に忙しいのに仕事に精が出ない、どうしてなんだろう。何かのトラウマに引っかかっている。他人の視線が怖い、電話が怖い、人の話が聞きたくない。だけど、どんどん予定表はまっ黒くなって行く。自分がいなければいけない仕事なんてないはず、でも実際には自分以外の人はもういない。金融商品取非法ですよ、今年から新メンバーを集めた、ちゃんと教えることができない、めんどくさいから自分で全部やろうとする。最悪な思考、2か月の間に数百本のフローチャートとRCMの評価と資料照合をしなければならない。間違いを是正し確認書を作る、またまた嫌なことに役員に説明しなければならない。決算部分とIT部分は担当外なのが救いだけど、結局やるしかないのだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

傷つきたくないから傷つけるのはやめよう [想い]

自分を守るために人を傷つけるそんなことをするのはやめよう。自分を守るために人を傷つけるしか手段がない、そんなはずはない。それが手っ取り早いからうまくごまかせるからそんな事思うようだったら人生の手抜きだ。そして因果応報やがて自分にも報いが来る。普通の人間ならば自分の始末は自分でつける、そうでなければ生きて行く価値がない。そうやって道を切り開く、親兄弟であっても別の人格だから。
nice!(0)  コメント(0) 

大腸検査の結果発表 [ためいき]

大腸検査の結果を聞いてきました。精研に出していたポリープは段階3でした。また1年後に検査しましょうと言うことで癌ではありませんでした。しかし、また前立腺のマーカーPSAが14と言うことで3年ぶりに刺突検査をしなくてはならないようです。これは麻酔をしていても意外と痛い、空気銃を撃つような音でガシャンとやられるとびっくりしますし衝撃が痛い。多分癌ではなく肥大だと思うのだけど(80CC)これ以上でかくなると内視鏡手術ができなくなるらしい。父親もそうだったのだけど、肥大と思っていたのが膀胱に転移するまでわからなかった。癌家系だからいろいろな癌が出てくる。これ以外にもおふくろの大腸がん、兄の悪性リンパ腫、姉の乳がん、次兄と次姉はまだ発病していない。家系には高血圧もいない、動脈硬化による心臓疾患、脳血管疾患もいない、糖尿病は私だけだ(どうやら抗鬱剤の影響が大きかったようだ)。だから私はどんな癌になるのだろう、まだ決まったわけではないが。
nice!(0)  コメント(0) 

癌と両親の最期 [想い]

癌の末期の人は酷い痛みに苦しめられることが多い。私の両親は癌で亡くなったが母は大腸がんで病院に行った時には既に骨や肺、脳に転移していてイレウスも起こしておりもう手遅れでした。入院してからわずか1週間しか持ちませんでした。遺骨の潰瘍があった部分は黒くへこんでいました。相当な痛みがあったと思うのですが母は我慢し通しました。意識も混濁しいつ死んでもおかしくない状態でしたがまるで私を待っていたかのように会いに帰った翌早朝に亡くなりました。父は膀胱がんでした高齢で手術できない、化学療法もできないと言われて2年ほど放置していました。なので心の準備はしていましたが電話で姉からいよいよ厳しいと言われ大急ぎで帰ったのでした。父の場合はまだ意識はあり受け答えができる状況でしたが腎機能の低下が著しく転移した腸骨などの痛みも強い状態でした。兄弟で話し合って痛みに対する処方以外は延命措置は行わないそう決めました。私は仕事の関係で直ぐに東京へ帰りましたが、その翌週に父は息を引き取りました。母に遅れる事18年大正生まれの頑固おやじの旅立ちでした。二人とも癌でそれぞれ違った最後でしたが、子供達への想いは強く、一日でも長く生きていたいと頑張っていました。兄弟も癌を患っているのでいつか私も、でも気にしていても仕方ない、検診はちゃんと受けて見つかったら淡々と。
nice!(0)  コメント(0) 

神田明神 [雑談]

神田明神にお守りを返しに行ったら、大黒天の祭りで智の輪があった、ただ左右左の輪くぐりをしている人がいない、どうやら違うものらしい。お守りを返した後新しくお守りを買いちょっとあたりをぶらぶらした。古民家カフェやおそばの店を見ながら甘酒をいただき饅頭を買って帰った。鰻屋に昔行ったがその時からいい値段で今はもっと上がっていた。御茶ノ水駅に向かうときに聖橋を通るが毎回さだまさしの檸檬を心で口ずさむ。年齢がばれるが、当時は今アニメの聖地に訪れる人がたくさんいるのと同じだったんだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 

ギャンブル依存症?からの [双極性障害]

双極性障害の影響もあるのだろうが競馬好きが酷い。もともとギャンブル好きでパチンコ、麻雀、競馬、ロトシックスをずーっとやってきた。しかしタバコの煙が嫌いなのとデジタル機になったのを機に20年前にパチンコはやめた。麻雀も昔は歌舞伎町などのフリー雀荘に通っていたがこれも10年前にやめた、会社で誘われれば行くこともあったけれどこれも3年前からやっていない。そして最後の砦?の競馬はなかなかやめられない、しかもパチンコや麻雀でお金を使わなくなった分投資金額が増えた。いま競馬を止めることにチャレンジ中、で昨年の有馬記念に賭けずに以降継続中と言ってもまだ半月しかならない。どこまで続くやら・・・
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る