So-net無料ブログ作成

福岡土産 [たび]

先日行った福岡でお土産を物色していた時のこと。私が福岡に住んでいたのはもう37年前のことでやっと地下鉄ができ天神の地下街ができたころ。当時の福岡お土産と言えば、からしめんたいこ、博多の女、にわか煎餅、鶏卵素麺、鶴の子、チロリアン、博多ぶらぶらあたりだった。同じ福岡県でも小倉日記やひよこ、雪うさぎ、黒棒などもあり、今は博多通りもん、どらキング、めんべい、筑紫もち等百花繚乱本当に増えた、それに土産物屋では九州一円のものが並んでいる。九州の雄福岡だからこその賑わいで品揃えだ、でもラーメンと一緒で昔ながらのものがうれしい、何かそう思えてえてくる旅だった。
nice!(0)  コメント(0) 

九州出張の続き [たび]

しかし、三連休だからかホテルが高い。ビジネスランクのホテルが2人で3万円近くする、シングルも1万円以下のはすぐに満室になる。大したことがないホテルにこの価格は東京より条件が悪い。福岡は物価も高くなって東京とそんなに変わらない、飲み屋もだんだん高くなって雰囲気は東京みたいになっている。北九州はまだそこまでなっていない、あのネギと胡椒が効いた好きなラーメン屋も健在だ(丸和前)。といってもそこまで足を伸ばせないから、わざわざ博多で大砲というのも思ったけれど、一蘭や一風堂も東京にもあるし暫く、赤のれんさえあるのだから、やっぱり屋台になるのかな。場所変わったらしいけど。
nice!(0)  コメント(0) 

九州出張 [たび]

九州出張のまま居残る目的その2は福岡4社参りをすること。私はご朱印集めをしていないが奥方が集めている。今回は3連休に合わせてくるので、まずは太宰府天満宮、そして世界遺産になった宗像神社辺津宮、宮地嶽神社、筥崎宮と回ろうと思っている。宗像神社の中津宮にも行きたいが時間的に厳しいの今回は割愛しようと思っている。福岡にはもう一つ英彦山神社もあるがこちらは遠いのでパス、櫛田神社は市内なので時間があったらいくつもり。折角の福岡だけどモリモリ観光を押し込んだのでほかの楽しみがない。せめて水炊きとイカの生き造りは入れておこう、カキも旨いんだけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

大宰府へ九州国立博物館も [たび]

今回、出張の後も九州に残っている目的の一つが九州国立博物館に行くこと。太宰府天満宮に隣接して大きな建物がある。特に大陸との交流に重点を置いた展示になっている。思えば大宰府と言うと今は天満宮だがもともとは朝廷の大宰府政庁があったところで「とおのみかど」とも呼ばれた大きな政治権力を持っていた。小型の都と言うように条坊制の都市(都府楼といいました)だった。九州の統括と大陸との交流も行っていた、福岡市内から鴻臚館という古代の迎賓館の跡が発掘されている、それも大宰府で統括されていた。1等官は太宰師で主として親王が任ぜられた、大伴旅人は新王ではなかったが。権師は大臣の左遷時におかれた(菅原道真や藤原隆家)。その下に大弐や少弐が置かれた、戦国大名の少弐氏はもとは武藤氏といい、役職の名前を取って少弐氏になった。くだらない話をしましたが、高校生以来の大宰府でちょっと興奮しそうです。時間があれば柳川、久留米にも行きたいのですが、今回は断念します。
nice!(0)  コメント(0) 

出張 [たび]

出張は旅の中に入れてはいけないかもしれないが毎年2月に関西、九州に出張がある。その昔労組の役員をしていた時は毎月あっちこっちと飛び回っていたがそれからはだんだん減ってゆき休職後は無くなった。そして3年前からまたできた。九州に出張するとき金曜日なら実家に帰ったこともあったが今は両親がいないので帰っても仕方がない。墓参りくらいは2年に一度帰っている。福岡へ行くと昔良く行ったうどん屋や屋台のラーメン屋に行く、そうそうお好み焼き屋にも、30年以上前に居ただけなので水炊きはあったがもつ鍋の記憶がない。鳥皮の焼き鳥も記憶がないし少しずつ変っているんだろうな。私がいたころに地下鉄や天神の地下街ができた、当時地下街と言えばデイトスかサンプラザしかなかった。そういえばカレーのナイルってどうなったんだろう。ネットで調べたら無くなってまた復活したらしい、私が通った店で因幡うどん、ナイル、赤のれんがベスト3だったかな、復活ナイルに今回チャレンジしてみよう。
nice!(0)  コメント(0) 

今日は新潟 [たび]

タダで行ける社員旅行だが気が進まない、別に嫌いな人がいるわけでもなければ行き場所にケチをつける気もない。休みの日まで会社の人間と居なくてもいいのにそんなことも思っていない。ただ、こういう呉越同舟やいろんなタイプの人がいると場をシラケさしてはいけないと気を遣わなくてはならない。そんなことしなくてもいいじゃないと人は簡単に言うけれど、その場の雰囲気が自分にとって好ましくないのはストレスが爆発しそうになる。自分の勝手と言われればそれまでだけど折角人数がたくさんいて楽しくない人が目立つのは良くない。勿論、そう言うのが嫌いな人がいるのはわかる、そう言う人には無理強いはしない。ゲームでもなんでもそうだが参加者が面白く気分よくならなきゃいけない。独り勝ちは一番面白くないから自分が勝っていれば適当に負ける、負けていれば勝っている奴を落とすか更に負けている奴に自分が負けてやる。こんなくだらない性格だから何事も楽しめないんだけどね。移動中から酒でもかっくらうか・・・
nice!(0)  コメント(0) 

社内旅行が復活 [たび]

社内旅行が復活して10年になる、むかし私のいた会社はずっと社内旅行があって合併した相手の会社は廃止されていて合併後もしばらくなかった。私は合併前の会社では幹事を長いことやっていた。行った先は①天城越えと河津温泉、②千畳敷カールと高遠、③松本と安曇野、④松川浦と相馬、⑤大内宿と湯野上温泉、⑥ソウル⑦グアム⑧御宿と上総一の宮⑨大観荘とアンコウ、まあいろいろとやっています。当然ですがパックツアーは使っていません。自主企画ですので失敗もありました、特に公共交通機関が頼りなので時間配分を間違えるととんでもないことになります。近頃は若手社員が企画するのでパックツアーがほとんどです、それも悪くはないけれど本当の意味での幹事さんの大変さを知るチャンスなのにね。めんどくさいことは嫌いだから仕方がない。
nice!(0)  コメント(0) 

保田の水仙 [たび]

保田の水仙を見に行った。盛りは越えていたが甘い香りが風に乗って漂い春を少し感じた。雲はあったが海の向こうに富士山が微かに見えた。そこから歩いて保田漁協のばんやに行ったがさすがに3連休と言うことで本館は大混雑でたぶん2時間以上待ちだった。やむなく新館に行くとこちらは待ち時間ゼロ、本館のような焼きは出来ないが普通の定食類ならこちらでいいやということで地魚刺身定食2500円を頼んだ、マダイ、メダイ、タチウオ、マグロ、サザエの刺身と茶わん蒸し、アオサ汁、お新香、煮魚(さば)だった。あまり予算もなかったからこれで十分だった、風呂には入らなかった。千葉に住んでいるのであんまり千葉県内は行っていない、ぼちぼち制覇しようと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

もう少し休みが長かったら [たび]

時間があればまた関東一の宮めぐりの残り1つに行くのだが。正月の間はたとえ小さい一の宮であっても行列に並ばなくてはならない。玉前神社で驚いている場合ではない。最後に残っているのは安房神社、結構遠い鉄道で行くのは千葉ニューからは時間がかかる。木下から成田経由だと成田山へのお客さんに押しつぶされそうだ。(年末に千葉神社行って木村屋の豆大福買って、それから千葉寺に行ったけど千葉寺の御坊さんのご朱印の説明が良かったな。目指していたお店は無くなっていたけれど)。でも今日はどっかいこうっと、
nice!(0)  コメント(0) 

旅の空の下 [たび]

私は酒好きではないが時々飲むビールや日本酒に旨さを感じることはある。
学生時代はサークルや友人との外飲みや部屋飲みをよくやっていた。飲み屋から出てくると夜が白々と明けて行くなんてことも多かった。仕事を初めてからはそんなに飲み歩くことは減ったが、それでも経理で残業した後に先輩と飲みに行って夜中の2時3時に解放されることもよくあった。そんな時代は酒は苦くてまずいものだった、自分の意志で飲まない酒はいまでもまずい。一人旅に出て料理屋の親父や女将とたわいもない会話をしながら飲む酒は旨い、また肴が旨ければ一層よい。漁師町で凍える寒さの中でふらりと入った店があたりだとそれだけでこの旅が価値があると思える。またいつか会えるだろうか、どこかの旅の空の下で。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る