So-net無料ブログ作成

11年か [ためいき]

今頃になってちょっと驚いた、このブログは2006年7月21日からスタートしています。それから、最初は開設したものの飛び飛びでしたがいつしか毎日のように更新するようになりました。写真は少ないし文章は間違いだらけだし酷いもんです。でも、その間に色々ありました、いきなりマンションを買って妻に驚かれました、これも多分双極性障害Ⅱのせいでしょうがさらに悪化して3年の通院後、会社を1年半休職しました。認知行動療法とリハビリの為の施設に通いました、やっと仕事復帰してもう3年になります。そして父が亡くなりました、親しかった友人も何人か鬼籍には入ってしまいました、11年て意外と長いです。昔は怖れるものなどないと思っていましたが最近は不安というものが心を占拠してしまいそうになります。今年もあと僅かになりました、やるだけやって年の瀬を迎えたい。
nice!(0)  コメント(0) 

三波川 [たび]

日本の代表的な構造帯に三波川帯というのがある。北側の領家帯(内帯)と並んで外帯を構成する変性帯だが、むかし、私はずっとみなみがわたい”と思っていた。ところがある日、都内の公園で三波川石というものを見て初めて”さんばがわ”と呼ぶことを知った。しかもそれは、群馬県の川の名前だった、地理や地質好きには犯してはいけない失敗だった。ジュラ紀の付加帯だとか低温高圧による変成岩だとかそう言うことは知っていたが肝心の名前とは。地理関係の名前はちゃんと見ないとだめですね。

nice!(0)  コメント(0) 

落葉 [うた]

ヴェルレーヌの詩の訳で上田敏の海潮音で落葉と訳されたあれです。季節は秋です、秋の日のヴィオロンの・・・という有名な詩です。昔はよく漫画で秋の落ち葉を見ながら窓辺で主人公がつぶやく場面に使われていましたが、最近は見ません。最近は詩にせよ和歌にせよ学校で教えないのか知らない人が増えています。故事成語やことわざの類も驚くほど知りません。現代国語も大事だけどいわゆる教養とか嗜みとかも大事にしてほしい気がする。狂歌や川柳だっていい、そういううものに触れる機会がないと消えてしまう。そう言う時代だから、子供番組であっても”にほんごであそぼ”が面白い。”方丈記”平家物語””平家物語””子等を思ふ歌””古今集仮名序”、近代詩では”サーカス””汚れっちまった悲しみに””一つのメルヘン””こころよ””アメニモマケズ””蜂と神様”などなど、歌として覚えるもよし。口ずさめば心にスーッと入ってくる、かな。
nice!(0)  コメント(0) 

赤々と [雑談]

日の出前の東の空が赤いカーテンを引いたように燃えている。凛とした空気の中でこれから街が動き出す。この火のことを”かぎろひ”と言うのだろうか。”ひんがしの野にかぎろひの立つ見えてかえり見すれば月かたぶきぬ”柿本人麻呂
人麻呂は面白い山柿の門の称される歌人だが、その実態はよくわかっていない。宮廷歌人で草壁皇子に使えていたらしい、鴨島で亡くなったらしい、位は低かったらしい、すべて・ら・し・い。朝廷礼賛の歌が多い”大君は神にしあれば天雲の雷の上にいほりせむかも”、短歌だけでなく長歌に優れていた。何故か明石に人丸神社がある、鴨島は石見にあったと伝承されている。柿本猨という人物がいたが同族なのかはっきりしない。それでも、万葉集中第一の歌人だったことは確かだ。子規は”人丸の 後の歌よみは 誰かあらん 征夷大将軍 みなもとの実朝”とNo1に置いている。個人的には憶良か家持が好きなのだが、人麻呂にはかなわない。また、かぎろひの薄まりて出勤す。
nice!(0)  コメント(0) 

子供たち [昔語り]

郊外のモールにはすでにクリスマスツリーが光っている。マンションのホールにももみの木が置かれ休日には子供たちが飾り付けをしている。なにかと寒々しいこの師走にちょっとした笑顔があふれる場所と時間があるのはいいい。特に子供たちがプレゼントに思いをはせて輝いているのは喜ばしい。私の頃は何ももらえなかったけれどそれでもよかった、ほかの人が何をもらったとか聞いても羨ましくはなかった。今でも中にはそんな子がいるのかもしれない。自分の話はどうでもいいが肩をすくめほろ酔いで歩いて帰る時、マンション前でガラス窓越しにツリーを見ている子供を見るとちょっと寂しくなる。でも、きっと彼にも彼のツリーが光っているのだと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

あれこれ [双極性]

12月になってしまいました、妻はまだトルコに行っています。本来のびのび羽を伸ばしているはずの私は掃除と片付けと洗濯で忙しいです。久しぶりの自炊は肉と魚ばかりで野菜不足です。仕方ないのでセロリとトマトを齧っています。先週末に3泊でヒスイ拾いに行ったのでお金がありません。近所の温泉施設に行きます、ここなら900円で済むし。仕事も溜まっています、本来11月で終わっていなければならないものが終わっていません。なんだかわかりませんが痙攣や頭痛が酷いです、薬の処方を軽くしてほしいですがなかなか言えません。本当に長いトンネルだ、時々外が見えるのに幻なかのかな。
nice!(0)  コメント(0) 

伝染病いやだね [双極性]

夭折と言うと私は20歳までに亡くなったと思う。20歳から30歳代の間は早世と思う。日本の場合やっぱり昔は結核が多かった。啄木や一葉、子規、重吉などみんなそうだ、もしあの時にストレプトマイシンがあったらと思う。国民病と言われた結核も多剤耐性菌を除けば不治の病ではない。そう言えばツベルクリン反応というのが昔(2005年まで)あった、注射をしてその後に出来る赤みの大きさを測り陰性、偽陽性、陽性、強陽性に分けて陰性、偽陽性には針のついたハンコで上腕にBCGを接種する。この跡があるか無いかで年代がわかる。私が子供の時には1年にこのツベルクリン反応、日本脳炎、インフルエンザと3回の注射の時間があった。日本脳炎が一番痛かったかな。最近は弊害も多いとして予防接種やらないほうがいいと言う意見もある。でも、どこかで伝染病菌は復活を狙っていると思うよ。
nice!(0)  コメント(0) 

再検だあ [ためいき]

くつきましてはインタビュー、書類の閲覧などをご協力願います。
いままで何度も癌の精密検査を受けてきた、いつもは全く不安もなく結果もシロだった。肺がんは癌研まで行かされて結局結核病巣の石灰化だった。胃と食道は出血があってまずいと思ったが今回も逆流性食道炎だけだった。前立腺のPSAが高く血尿が出るので検査したら前立腺肥大と尿路結石だった。今度は大腸だが、母の大腸がんと父の膀胱がんが死因だったことが頭をよぎる。くよくよしても仕方がないから5年ぶりの大腸検査を受けて来よう。前回の時にはモニターを見ながらだったからポリプを取るのも見れた。今回はどうなんだろうか?と思ったらインフォームドコンセントの中に麻酔について記載があった。とすると見れないわけだ、まあいいか。それにしても前立腺の刺突検査も2回やったがお尻から検査されている。やだね、後一月あるけど早く終わってくれないかな。

nice!(0)  コメント(0) 

こんなのいけないなあ [ためいき]

妻の誕生日は関係会社との飲み会、クリスマスは人間ドックで引っかかった大腸内視鏡検査でイブから食事制限。なにか罪滅ぼししないとな、何かを買ってあげると言ってもいらないって言われるし。去年は足利のイルミネーションに行った、今年はどこに行くか。それにしても今回の人間ドックはよく引っかかった、大腸以外にも逆流性食道炎が悪化していたし、PSAは再び15を突破した、5年以上10を超えているから久しぶりに刺突検査行だ。白血球の減少も相変わらず続いている、炎症マーカーも基準値を超えてきた。糖尿病も相変わらずA!cは7.0だし、血圧とコレステロール比、中性脂肪が良好なのが奇跡だ。運動と食事が決め手だからなあ、摂生しなきゃ。
nice!(0)  コメント(0) 

誰が笑った? [雑談]

笑顔っていいよな、誰だって怒った顔より笑顔がいいに決まっている。心から笑ったなんてずっと昔で覚えていない。私は心から喜べない人です、それはどこかでやってくる悲しみに耐えるために訓練をしていたのです、更には喜びの陰でもしかしたら悲しんでいる人がいたらどうしようといつも考えてしまいます。そうしたら、今度は本当に喜べない人間になってしまいました。感情は良くないものとずっと思ってきました、だから自分を抑えるようしてきたのです。自分一人の為の喜びなんて喜べません、沢山の笑顔が一番好きです。最後に少し笑顔のお裾分けがもらえれば十分です。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る